HIRA嫁の365日

/ 娘の成長日記 / 産後の夫婦関係 / おすすめ子供用品 / 自分の素直な気持ち / などの雑記ブログ。

【母子手帳を貰える時期】と【手続きの流れや必要な物とは?】

f:id:hirayome:20201106175732j:plain



f:id:hirayome:20200516144246j:plain

妊娠発覚後、産院に行ったけれど母子手帳の事を何も言われなかった…


そもそも母子手帳はいつ貰えるのかな?
手続きに必要な物って何?


上記のような疑問にお答えします。


私事ですが、先日 母子手帳を貰ってきました。

記憶が新しいうちに

・母子手帳を貰う時期
・手続きに必要なもの
・手続きの流れ

などをまとめていきます。


自治体によって手続きの流れは違うと思いますが、一つの参考になれれば幸いです。


それでは、いきましょう♡!

母子手帳を貰える時期は?


母子手帳を貰える時期は、妊婦健診で赤ちゃんの心拍確認ができてからになります。

なので、週数でいえば7週~8週頃。

ネットで調べてみると、5~6週で心拍確認が出来るという情報をよく見かけます。

ですが、5~6週で確認できなくても個人差がありますので焦らず、8週頃まで待ちましょうね。



f:id:hirayome:20200824151246j:plain

私の場合は、2回とも8週頃で心拍確認ができました。


小さな心臓が頑張って動いているのが見れると、とても感動しますよね♡



さぁ、次は心拍確認が出来たあとの流れになります。


母子手帳を貰うには、まず産院で届出を貰う

あかちゃんの心拍確認ができると、母子手帳交付の説明があります。


POINT母子手帳交付の説明では、母子手帳を貰える訳ではありません。

医療機関で記載をしてもらった妊娠届出書をもらいます



f:id:hirayome:20200516144246j:plain

「妊娠届出書?」

「それ何?」


初めて妊娠した時の私は、
分からないことばかりでしたし
心拍確認ができてテンションMAXだった為、看護師さんの説明を聞いているようで
右から左の状態でした…。\omg!!!!/

私と同じような人はいないと思いますが…


妊娠届出書を簡単に言えば

「自分は妊娠しました!」と

地方自治体に報告する大事な届出の事。


妊娠届出書は、妊娠して心拍の確認が出来て初めて貰えるものです。

この届出書を保健センター又は、役場に提出し母子手帳が貰えます。


逆に言えば

「妊娠届出書がないと母子手帳は貰えない」

という事ですね!

ねっ?とっても大事な書類でしょ?



さて、次は母子手帳を貰うときの注意点になるよ。


母子手帳を貰うには〇〇をする

f:id:hirayome:20201108074703j:plain

妊娠届出書と身分証明書を持っていく

母子手帳を交付してもらう際に忘れては行けない必要な物は

・妊娠届出書
・マイナンバーカード又は免許証

になります。

なかには、印鑑も必要な所もあるみたいですね。

妊娠届出書に【手続きの際に必要な物】が記載されていると思うので、しっかり確認してから行きましょうね。


母子手帳を貰う際には予約をしてから行く!

母子手帳の交付は日程が決まっているため、予約をすることを忘れずに!

交付当日は、母子手帳をもらうだけでなく

・助産師さんによる母子手帳の説明
・保健師さんによる健康相談
・歯科衛生士さんによる歯科相談
・栄養士さんによる食べ物の説明

も実施しています。(自治体で異なります)


どんな話を聞いたか、それぞれまとめてみます。


母子手帳交付の際に教えて頂いたお話

助産師さんによるお話の主な内容

【母子手帳の内容について】
・成長の変化・気持ち等を記録するページ
・予防接種
・成長のグラフ
・妊婦健診の助成券

などの説明でした。


妊婦健診の助成券とは?

1回から14回まであり、健診の際は助成券を出すことで、無料で妊婦健診を受けることができます。
出産予定日を過ぎて15回目の健診になった場合は、役場に申請すると貰えるのでご安心を♡


歯科衛生士さんによるお話の主な内容

【妊娠中の口内環境について】
【キシリトールの大切さ】

キシリトールは妊娠中から取っていると
あかちゃんにもいい影響があるよ!

ということを教わりました。

別の記事でキシリトールの事については
まとめていますので興味のある方はご覧くださいね。



合わせて読みたい記事

www.hirayome.com


栄養士さんによるお話の主な内容

【食事のとり方】
【葉酸について】

市が行なっている説明会では

「タンパク質◯g」「炭水化物◯g」などを

実際に模型で見せてくれるのでとても分かりやすいのがポイント。

自治体で異なると思いますが、レシピなども貰えたりする事もありますよ(^ ^)♡


保健士さんによる健康相談

【体調面について】
【不安に思うことはないか?】

などについてお話をしました。


何か不安に思うことを相談できれば、自分の心も軽くなります。

その他のメリットとしては

市が行っている助成制度
市が無料で行っている教室
子供が遊べる行事

などを知れるということ。

制度については市からもらう資料を見れば書いてありますが、いざその時になると意外と忘れていたりもします。



f:id:hirayome:20200824151246j:plain

出産に対して不安なことがあれば相談したり、疑問に思うことを聞いた際は優しく教えてくださいます。
なので、妊娠中から出産後1人で考え込まないようにしましょうね。



最後は、母子手帳をもらうまでの所要時間になります。


母子手帳を貰うまでの所要時間

私の場合は2時間半かかりました。

娘も一緒に連れて行ったという事もありますが、結構時間かかったな〜というのが本音。

でも、娘はたくさん遊んでもらって大満足のようでした♡


保健士さん衛生士さんなどの相談やお話を実施していない場合は、母子手帳の交付は30分から1時間弱で終わると思います。


最後に

妊娠初期はまだお腹もでていないので、いまいち妊娠したという実感もなかったりします。

ですが、手元に母子手帳が来ることで一気に

「ママになったんだな」

「妊娠してるんだな」

と思えるように…♡


大事な情報が書かれてあり、子供が大きくなるまで使っていく母子手帳をもらうには


まとめ

  • 手続きをする時期は赤ちゃんの心拍確認が出来てから(週数でいえば7~8週頃)
  • 手続きの際は、妊娠届出書とマイナンバーカードを忘れずに
  • 交付日を確認し、予約が必要であれば予約をしてから行く

という事ですね。


長くなりましたが、最後までご覧いただきましてありがとうございました*